Cycle Peugeot Museum

The sons of Peugeot brothers

home









I received a precious article (Le Monde illustre “Des Fils de Peugeot Freres) and two advertisement about Peugeot which are issued around 1914 from a French friend.

This article admired the cooperation of Peugeot to the war effort from the patriotism. I could understand about the presence of Peugeot and atomosphere of France of those days.

As I wrote in "The history of Peugeot" , Peugeot stoped the manufacture of products during First Wold War, and produced airplane engine, military vehicle, and artillery shell.

Patriotism of Peugeot appeared on the frame sticker of Arc-enciel which admired the victory at World Bicycle Championship of a French athlete, on the fact that Peugoet continued to use French bicycle parts and French standard until around the end of 1970s. I suppose that Peugeot lost identity because the company began to use Italian and Japanese parts from first of 1980s.

I appreciate my French friend who gave me those precious documents from his collection. Below are his website and Facebook.

Bicyclette Pliante Gerard
Pliante Gerard

One more thing, he is the one who taught me about Peugeot military folding-bicycle. I introduce this model on the website European Military Folding Bicycle .

He translated the document to English from French for me.



前回に続き、フランスの知人からプジョーの工場について1914年頃に発行された貴重な記事(le Monde illustre "Des Fils de Peugeot Freres)と同時代の広告2点を頂きました。

この記事は、プジョー社の仏政府に対する戦争協力(第一次世界大戦)を称えた愛国的な内容で、当時のフランス国内の雰囲気とプジョー社の位置づけがよく判ります。

プジョー社の歴史に記載したように、戦争中、同社は本来の生産ラインをストップし、代わりに軍用飛行機のエンジン・軍用トラック・砲弾などを生産することで、国家に協力していました。

プジョー社のこのような愛国的側面は、プジョーの自転車に乗っていたわけでもない仏選手の世界選手権優勝を祝してアルカンシェル・ストライプをフレームに飾ったり、70年代まで自国の規格と部品を採用し続けたという事実にも現れています。 余談ですが、プジョー社は80年代に入ってイタリアや日本の部品を使用するようになり、そのアイデンティティを喪失したと言ってよいかと思います。


大切なコレクションのなかから快く資料を提供してくれた友人に心より感謝申し上げます。

なお、下記は彼が運営しているウェブサイトとフェイスブックです。
「Bicyclette Pliante Gerard」へのリンク
「Pliante Gerard」へのリンク

もうひとつ、僕にプジョー製の軍用折畳式自転車の存在を教えてくれたのは彼で、そちらは European Military Folding Bicycle のページに紹介しています。

ちなみに、英語への翻訳も彼が協力してくれました。







The sons of Peugeot brothers


The Factory of tools "Peugeot Brothers' sons" was founded a century ago. Because of a blameless manufacture superiority and a renewed and improved tooling, it is the most powerful industry in its speciality. The Peugeot products conquered the world of the workers.

プジョー・ブラザーズ・サンズ(プジョー兄弟の子供たち)のツール工場は、1世紀前に設立された。 その批判の余地のない優れた生産態勢と改善を施された斬新なツール(製品)により、工場はその専門性において最もパワフルな生産施設となった。 プジョー社が製作した専門性の高い工具は、世界の技術者を魅了した。

That it was about of steel laminates, saws of all kinds, of all measurement and for all uses, springs, planes or trowels; that is was on the other hand about pitchforks and rakes made of steel, of mills for coffee, sugar, pepper, or seeds ; of mounted tools ; of hammers, scissors, pincers, drill, shears, keys have nuts, compass ; of helical drills and all tools forged, the Peugeot mark is always and everywhere imposed by the well made and the perfect quality of products that it covers its guarantee.

金属板、あらゆる種類の鋸・計量器・スプリング・カンナとコテ・鋼製の干し草用熊手・珈琲・種子や香辛料用のミル・取り付け器具・ハンマー・鋏・ペンチ・ドリル・大鋏・ナッツクラッカー・コンパス・螺旋上のドリル、 その他すべての鋳造等、品質保証によってカバーされた良質の製品によって、プジョーのマークは時・場所を問わず人目を引く存在となった。








The factories The Sons of Peugeot Brothers make two important agglomerations of the department of Doubs live. They occupy a staff of more than 3,000 workers and their stores are unique.

プジョー社の工場は、スイス国境に近いフランス東部のドウの2か所の産業集積地に設けられた。 それらの工場では、3000人の労働者が働いていた。工場の供給は独特であった。

注:写真はヴァランティーニの工場










The factories are represented in all centers of the world ; where precedes them an exceptional reputation. The Lion Peugeot became a symbol; there is no worker, no housewife who ignore (don't know) the proud picture of it.

プジョー社の工場は、その製品に対する特別な評判ゆえに、世界の主要都市に知られるようになり、ライオン・プジョーはそのシンボルとなった。その誇り高いイラストを知らない労働者や主婦はいなかった。

At the beginning of hostilities, all the activity, all means of production of the Society The Son of Peugeot Brothers have been put exclusively to the service of the National Defense. But the moment approaches where the Factories will regain their first destinations ; at this time, they will be ready as they were when the commotion of fight sounded. And the old Lion, leaving the contraptions of death forged for the Victory, will take back its place of honor on the arms of the Peace.

戦争初期(第一次世界大戦)、プジョー社のすべての活動と製造意義は優先的に国防に置かれた。 しかし、工場がその当初の目的を達成すれば、この古参のライオンは戦争に勝利するために必要とされた兵器の製造をから退き、平和を達成するための武器を製造するという名誉ある場所に立ち戻るだろう。


注:写真は、テレ・ブランシェの工場



下記は、記事同様に1914年頃に印刷されたと思われるプジョー社の広告です。













inserted by FC2 system